中国整体の歴史

スポンサーリンク

中国整体の歴史

整体という言葉は日本で生まれた造語であり、原型は2千年の歴史をもつ中国の推拿(すいな)と言われています。

 

推拿の手技法としては「古典按摩」をより進歩させたものであり、現在中国政府は公式に推拿を手技医学の公式名にしています。推拿整体には、按(手や指で軽く押す)、揉(なでるように揉む)、推(強めに押して揉む)、拿(持ち上げるようにして揉む)、摩(こするように揉む)、擦(擦るように揉む)等の基本的な手技から派生した百種類以上の手技があります。

 

中国では、整体術は推拿按摩科という施術科目に属しており、歴史のある療法の1つで、局部の異常を手や指で矯正し、血行を良くして神経機能を正常化させます。整体は、中国医学の三本柱である漢方・針灸とならび、「手の技」のみによる伝統的療法であり、長い歴史の中で安全で実践的な技術です。

スポンサーリンク