整体の起源は椎拿?オステオパシー?

スポンサーリンク

整体の起源は椎拿?オステオパシー?

整体の起源には色んな説が考えられるようですね。 原型モデルは現在から2千年前の中国の椎拿(すいな)が発祥で有ると言う考えが一般的なようで、「整体」という言葉が日本で作られていったことが一般的な説です。

 

 

他に言われているのは1874年、西洋でアンドリュー・テイラー・スティルによって発表されたオステオパシーが発祥とも言われています。ですので西洋が発祥地とも考えられます。またアメリカ発祥のカイロプラクティック(カイロプラクティス)も考えられるようです。

 

 

椎拿も同じく手技療法の一つで、主に骨格や筋肉のバランスの調整を施し、またリハビリテーション等に用いられている手技療法です。カイロプラクティックやオステオパシーも中国医学の手技療法や大正時代に日本に伝わったといわれています。

 

 

当時の整体師が日本武術から伝わる手技療法を編み出し、そして上記の手技療法椎拿(椎手とも聞きますね。。)、オステオパシー、カイロプラクティックなどの日本以外での手技療法に対して、様々なアイデア等を加えて現在の「整体」を確立してきたことが伺え知れます。

スポンサーリンク