整体とマッサージの違い

スポンサーリンク

整体とマッサージの違い

整体・カイロプラクティックとマッサージの違いについて補足したいと思います。

 

 

整体・カイロプラクティックとマッサージの違いといえ、どちらも同じ手技療法で健康に美容に良いことには代わりはないのですが、正直明確な技術の違いというのは素人には分からないことだと思います。

 

 

マッサージも整体も違いはなく同じ医療行為かと思われますが、明確に言えば違います。

 

 

確かにマッサージという行為は、国家資格のあんまマッサージ師、柔道整復師などが行なっていますが、民間資格である整体・カイロプラクティックでも、揉むさするという行為には変わりはなく、一般の方には分かりにくく全部マッサージじゃないか?と違いが分からない所かもしれませんね。

 

 

その他民間資格では、オステオパシー、エステティック、タイ古式マッサージ、リフレクソロジー、リラクゼーションサロン....etcなどが挙げられます。鍼灸師の方もしている場合があります。

 

 

整体は筋肉がかたくなる原因を体のバランスのくずれに関係していると考え、骨盤や背骨などのズレを治すことによって、凝りの根本の原因を取り除いていきます。一番特徴的な違いといえば「関節の矯正」ですね。

 

 

マッサージは、筋肉がかたくなり、血行が悪くなった部位をマッサージをすることにより、かたまっていた筋肉がゆるみ、血行がよくなり、凝りの原因が取り除かれます。しかし、マッサージはマッサージをおこなっている時は気持ちいいのですが、また元の状態に戻ってしまう傾向があります。

 

 

整体は民間資格、マッサージは、あん摩マッサージ指圧師という国家資格になります。民間資格ですが他の仕事と同じように当然開業もできます。

 

 

マッサージの保険扱いは、医師の同意書または診断書が事前に必要で、また、病気も筋麻痺、関節拘縮に限られています。

 

 

突き詰めれば法律的な解釈の問題です。最終的にモノを言うのは施術者の腕によりますので、資格うんぬんで判断をするのではなく自分が学びたい技術を習得することがよいかと思われます。

スポンサーリンク