整体院と接骨院(整骨院)の違い

スポンサーリンク

整体院と接骨院(整骨院)の違い

整体と整骨院(整骨院)の違いはいくつかあります。

 

まず整体師の資格は民間資格に分類されるので整体院は保険が利くことはできません。

 

整体は、民間資格である整体の技術を学んだ人が経営するところで、この民間資格は法律で医療行為とは認められていない為、保険が適応されません。自由診療という形になります。

 

これはエステティックサロンやタイ古式マッサージ、リフレクソロジーなどでも基本的に同じです。ただその中でも整体院の場合、患者さんの治療の意味合いが強いとも言えます。

 

一方、整骨院では国家資格であるので保険を適応させることが可能です。整骨院は柔道整復士の国家資格取得者が経営しており、この国家資格は医療行為と法律で定められているために、保険制度が適応されます。

 

ただ一般的に整骨院でのクイックマッサージで保険を適応させることは、法律で禁止されていたりします。この辺りも法律的な解釈の問題でややこしい所でもありますね。

 

 

 

診療内容の違い

 

整体では、骨や関節のズレ・ゆがみや全身のバランス異常を観て施術を行うのに対して、整骨院では、主に骨・関節・筋・腱・靭帯等の損傷に対する外傷を中心とした施術を行ってゆきます。

 

整体院では腹痛や胃痛などの内臓異常や血液循環の活性化などを行っているという点で整骨院とは区別されます。

 

接骨院では法律的な解釈次第では、今後クイックマッサージで保険診療することは規制される可能性もないとは言い切れません。

 

整体・カイロプラクティックのような料金を自由に設定する自由診療で治療院を開業するのか、接骨院やマッサージ師の資格を取得し、保険を適応させる治療院を開業するのか、大きく違いがでてきますのでどちらの資格を取得する際にも深く考える必要があります。

スポンサーリンク