骨盤のゆがみについて

スポンサーリンク

骨盤のゆがみについて

骨盤がゆがむと骨盤矯正を行う必要が出てきますが、骨盤がゆがむというのはどうゆう状態をいうのでしょうか。
骨盤がゆがむと基礎代謝が低下し、脂肪がつきやすくなり、血液・水分・ホルモンの流れが悪くなり部分的にむくみやすくなったり、自律神経がダラダラと働く状態になったりします。

 

悪い姿勢や動作のクセ、運動不足による筋力低下や左右の筋力のアンバランス・ストレスによる筋肉の萎縮などのダメージを継続的に与えられると骨盤が徐々にゆがんでいきます。

 

骨盤自体、元々簡単には、ゆがまないものですが、しかし、骨盤の仙腸関節という部分に強い圧力が加わると開いてしまい仙骨にかかるバランスが崩れるため骨盤はゆるんでいきます。そのゆがみは、骨盤だけにとどまらず全身へと広がり肥満・肩こり・腰痛・内臓疾患を引き起こす原因となります。

 

こういったゆがみを手によって改善するのが整体テクニックです。骨盤矯正には高度なスキルを要求されるので、学校で何度も反復練習して技術習得してゆきましょう。

スポンサーリンク