整体師は国家資格ではなく民間資格

スポンサーリンク

整体師は国家資格ではなく民間資格

医療・健康・癒し業界に興味もつ人が増えて人気の整体師の資格を取得する方が多いですね。それだけ仕事に対する価値観も変わってきたのでしょう。

 

「やりがい・感謝される・人の役に立てる喜び」というのはお金で買えません。

 

 

まず知るべきは整体師の資格は、国家資格ではなく民間資格に分類されます。

 

ですがだからといって民間資格だからダメで、国家資格だから安心と考えた方は、整体師の資格免許を取得することは断念したほうがよいかもしれません。どんな分野でも国家資格だから、民間資格を取得さえすれば大丈夫、今後は安泰♪というものはありません。

 

また仕事の疲れを取りたい、精神的な癒しを求めてくるお客さん、五十肩や椎間板ヘルニアなどを整体院に治療しにやってくる患者さん達は、先生(施術者)の資格がどうとか、肩書きを期待してやってはくることはほとんどないです。

 

何よりも整体師に必要な要求されるものは、資格という肩書きではなく腕の良さが求められます。自分が相手の立場になって考えたら当たり前ですね。

 

 

また、国家資格であるマッサージ師の資格免許を取得すれば、保険診療ができたり治療の幅が広がってくるので同時にマッサージ資格免許や柔道整復師資格を取得するのもおすすめです。

 

ですが、実際に開業するときに保健所に申請したり治療院の間取りを制約させたりと、国家資格であるマッサージ師の資格を生かそうとすると、逆に治療の幅が狭まることもあります。また民間資格だからこそ、腕一本で自由に治療することができる場合もあります。 人それぞれです。

 

つまり資格取得が ⇒ 目的だと、学校に行く意味がありません。

 

 

目的は「相手の悩み・痛みを解決できる整体師」です。

 

どれだけ偉い資格を5,6個持ってても、医療系で一番上の医師の資格を持ってようが、

 

 ⇒ ヘタクソはまったく相手から指名などきません。相手から求められません。当たり前ですね

 

頭デッカチ系にありがちな「知識は誰よりもあるよフフン♪」系は

 

 ⇒ まったく役に立ちません(あしからず

 

フフン♪系の末路がこれです。

 

 

今まで完全に独占していた市場に、市場の自由化が始まり、整体やカイロプラクティック、リフレクソロジー、クイックサロンなどの業界が参入することになって荒らされて食えなくなって、こんなヤフー知恵袋などで無資格・無免許という悪質なレッテル貼りをして、整体のネガティブキャンペーンの荒らし書込みしてるんですね。

 

 ⇒ 間違ってもこんな暇なダメ治療家になってはいけません。

 

 

よくTVに出てくる政治評論家とかそうですね。
それらしいことばっかいって行動しないので 

 

 ⇒ まったく政治の世界で役にたちません。ヘタな世論誘導で邪魔なぐらいです。

 

「患者さんと、自分と向き合うことを忘れずにコツコツ知識と技術を成熟させてゆきましょう!」

 

 

今日は調子に乗ってしまいましたが、さて人気にともない整体師の資格免許を取得する方も必然的に多くなっていることと考えられます。実際に学校のカリキュラムを吟味して、しっかりと整体士資格取得のための学校スクール選びは慎重に選定する必要があります。

 

まずは習ったことをモノにしてから次の世界に行った方がよいでしょう。

スポンサーリンク