専門用語集

整体の世界には多くの専門用語がありますが、患者さんに対しては一つ一つ丁寧に噛み砕いた分かりやすい説明(インフォームドコンセント)を重視しましょう。

オステオパシーとは

オステオパシーとは、整体の原型だと言われ、アンドリュー・テイラースティルによって1874年発表された徒手療法のことをいいます。オステオパシーはギリシャ語のオステ...

整膚(せいふ)とは

整膚(せいふ)とは、「指で皮膚を摘み上げる」、「軽くひねる」、「叩いたりする」整体の手技法のことを言います。皮膚の下にはリンパや血液などの体液が循環していますが...

サブラクセーションとは

整体師がよく言うサブラクセーションとは亜脱臼の意味で、骨が正常な位置からズレている事をいいます。カイロプラクターがよく使う用語ですね。ただ厳密に大きくズレている...

アジャストメントとは

アジャストメントとは、直訳すれば「調整する」ということで、整体の施術で行う骨格の矯正のことをいいます。カイロプラクター的な言い方がアジャストメントというだけのこ...

マニピュレーションとは

マニピュレーションは、「操作する」という意味があり、筋や関節の治療に用いられる整体手技テクニックのことをいい、より敏速の整体テクニックで関節を動かすため、患者さ...

スラストとは

スラストとは、整体で一部使われている、矯正するときに手から関節に力を入れる瞬間の動作のことをいいます。スラストと呼ばれる手法は、関節の特定の部位に手で接触し、手...

モビリゼーションとは

モビリゼーションとは、整体手技の1種で、スラストなどの瞬間的矯正をかけることなく、関節に細やかな運動を繰り返し与え、硬直した関節部分を動くように回復させたり、痛...

アトラスとは

整体師の為の用語集として、アトラスについてご紹介します。整体師がよく口にするアトラスとは、頭蓋骨との直接の連結口にあたる第一頚椎のことをいい、この呼び名は、ギリ...

アキシャスとは

アキシャスとは第二頚椎のことを言い、形状は仏座に似ており、アトラスが支えている小宇宙を動かす軸の役目をしている為、アキシャスと呼んでいます。アトラス同様、アキシ...

亜急性とは

亜急性の意味を具体的には一言でいいにくいのですが、短い周期、いわゆる急性の症状と、ゆっくりでてくる症状の中間の表現を表します。打撲や捻挫、肉離れなどの急性または...

肘圧持続法とは

肘圧持続法とは、エルボーテクニックとも呼ばれ、指よりも表面積の大きい肘を使い、指圧でもなくマッサージでもないソフトタッチの肘圧による整体のテクニックのことを言い...

操体法とは

操体法とは自ら動き、最も自然な身体の動きと、不自然な動きによって起きる体の歪みなどの感覚を見きわめ、身体のバランスを調整をしていくことを言います。要するに体操で...

トリガーポイントとは

トリガーポイントとは、筋肉の中にある痛みの原因のポイント、つまり圧痛点(コリ)のことで、この痛みの原因のポイントを治療することにとって効果を得る整体の治療法をト...

パッシブケアとアクティブケア

整体にはパッシブケアとアクティブケアという言葉があり、パッシブケアは整体師の力を借りておこなう受動的なケア(筋肉のほぐしや関節、骨盤の調整)などを言い、アクティ...

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、急に激しい腰痛が発生した症状全般の事を指し、原因は大きく分けて、「捻挫」「椎間板ヘルニア」「一時的な椎間板の変形」と三種類あり、ほとんどが「捻挫...

PNFとは

PNFとは、Propioceptive(固有受容性感覚器)、Neuromuscular(神経−筋)、Facilitaiion(促通)の頭文字を取ったもので、日本...

筋ポンプ

筋ポンプは、心臓のポンプ作用同様に、筋肉の緊張と弛緩の繰り返しによって血液を全身へめぐらせる役割をします。血液の流れは、足先などの遠い部分にいくにつれて心臓の圧...

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、繊維輪に亀裂が生じ、髄核が繊維輪を破って飛び出してしまい、その飛び出した椎間板が神経などを圧迫する事により、激しい痛みや痺れなどの症状を引き...

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝軟骨の磨耗や変形などによって関節の形態に変化が生じ、その結果膝が炎症を起こし痛みを感じます。歩行、階段の昇り降りや立ち上がる動作、など日常生...

O脚とは

O脚とは、直立姿勢の場合に膝関節の所で、左右の脚が約1.5cm以上開いている場合を言います。その原因のほとんどがその人の普段の日常生活(習慣的な悪い姿勢や間違っ...

X脚

O脚同様にX脚の矯正を希望して整体師を訪れる患者さんは多くいます。X脚とは、直立姿勢の場合に膝関節の所ですねが外側に傾いてX字状になるものを言い、O脚と同じくそ...

外反母趾

外反母趾は、脚の親指にみられる疼痛性変形で、ハイヒールなど踵の高い靴や脚に合わない靴、また生活環境や歩き方などにより、両足母趾球にかなりの体重負荷が掛かる為に変...

猫背

整体師の為の用語集として、猫背についてご紹介しておきます。猫背は、首をやや前に出し、背を丸めた姿勢のことを言い、悪い姿勢やよこ寝などが主な原因として起こりますが...

METとは

METとは、マッスルエネルギーテクニック(Muscle energy techniques)の略で、整体師によってはマッスルエナジーテクニックや筋エネルギーテク...

膝痛

膝痛で整体院を訪れる方は、中高年が多く、膝関節内部の変形によって痛みが起こる変形性膝関節症だと言われています。膝痛の主な原因は、骨格のバランス不全による膝関節へ...

肩凝り

肩凝りは、前かがみの姿勢を長時間続けていたり、なれない態勢によって起こる、一過性の軽い症状もありますが、倦怠感を感じるなど、全身に症状がある場合は内臓や血管の病...

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、坐骨神経の経路と分布領域に痛みがある場合を言い、お尻や大腿後面、下腿外側や足の甲あたりまでがシビレや疼痛を発症します。坐骨神経痛を引き起こす原因...

筋弛緩法

筋弛緩法とは、筋肉は力を緩めるとその部分がリラックスするという原理を応用したもので、慢性的な疲労の解消や、体と心の緊張を解きほぐすリラクゼーション体操と言ったほ...

血液循環療法

血液循環療法とは、器具などを一切使わず、手指のみを使って、全身や患部を施術し、血液循環をよくする手技療法です。血液循環療法は、血流を促進し、欠陥を柔軟に保つ為、...

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは、肩関節周囲の炎症が原因で起こる疾患で、主に40歳代から50歳代に見られます。四十肩・五十肩は肩こりとは違い、肩から腕にかけて痛みがあり、腕の...

むちうち症

むちうち症(外傷性頚部症候群とも言います)は、頸椎が前後にズレ、筋肉や靱帯、また椎間板や血管、神経などの組織が損傷したときにおこる症状です。むちうち症は、交通事...

肋間神経痛

肋間神経痛は、肋間神経の分布領域に生じる神経痛であり、椎間板ヘルニアや脊椎分離症、圧迫骨折、打撲などが原因で起こる痛みです。肋間神経痛は、ねこ背の人や老人、女性...

捻挫

捻挫とは、関節に無理な力が掛かり、脱臼しかけて戻った状態を言います。一番捻挫の起こしやすい場所は、足首の胆経という経路の中の丘墟というツボがある所です。捻挫は、...

不眠症

不眠症とは、環境の変化、悩みや不安などによる精神の興奮のために、夜寝付けない、又充分な睡眠を取っているにも関わらず、睡眠に対する充実感の無さや、無力感等の様々な...

S型側弯症

S型側弯症は、成長と共に進行する特発性側弯が多く、学童期や思春期、閉経期に多く発症します。側弯症には、不良姿勢等によって起こる機能性側弯や骨盤異常等が原因で起こ...

斜頸

斜頸とは、頭が傾いている訳ではなく、片側の首が常に一方の側に曲がっている状態を言います。この斜頸は、逆子や難産などによって片側の胸鎖乳突筋に腫瘤が出来たり、筋肉...

股関節脱臼

整体師の為の用語集として、股関節脱臼についてふれておきます。股関節脱臼とは、股関節を形成している大腿骨の大腿骨頭が、はまり込んでいる骨盤の関節から脱臼しやすい状...

寝違い

整体師の為の用語集として、寝違いについてご紹介します。寝違いで首が痛いと言って整体院を訪れる患者さんは少なくありません。寝違いとは、就寝時に首が枕に片掛になった...

スポンサーリンク