オステオパシーとは

スポンサーリンク

オステオパシーとは

オステオパシーとは、整体の原型だと言われ、アンドリュー・テイラースティルによって1874年発表された徒手療法のことをいいます。オステオパシーはギリシャ語のオステオス(骨)パソス(病気・治療)という二つの言葉の造語です。

 

スティルは「本来人間には自然治癒力が備わっているが、血液循環や神経支配機能が妨げられると不調となる主な原因」だとして研究しました。そして体の関節に着目し、「体の関節の働きが低下すると血液循環や神経支配機能が妨げられて働かなくなり、自然治癒力が低下」するという理論をたてました。現在では全米に多くのオステオパシー医科大学が設立され専門医が養成されています。最初、日本にオステオパシーが紹介されたのは明治の終わり頃といわれ、日本に古来からある手技療法(療術)に少なからず影響を与えました。

スポンサーリンク