アトラスとは

スポンサーリンク

アトラスとは

整体師の為の用語集として、アトラスについてご紹介します。整体師がよく口にするアトラスとは、頭蓋骨との直接の連結口にあたる第一頚椎のことをいい、この呼び名は、ギリシャ神話の天空を支える神のことで、大界を肩の上に支える巨人にちなんで名付けられたと言われています。

 

アトラスは、脳幹から橋・延髄と、脊髄の根元に関節していて、脳からの指令や体からの情報伝達などはここを経由してやりとりされています。その大事なアトラスに問題があると、網様体と呼ばれる脳神経組織の働きに影響し、全身的な病理を引き起こす事が分かっています。骨格の要であり、神経の要でもあるアトラスのゆがみを整体によって治すことで、ドーパミンの活性化とベータエンドルフィンなどのホルモンの放出も促し、気持ちをプラスに導くことも可能です。

スポンサーリンク