操体法とは

スポンサーリンク

操体法とは

操体法とは自ら動き、最も自然な身体の動きと、不自然な動きによって起きる体の歪みなどの感覚を見きわめ、身体のバランスを調整をしていくことを言います。要するに体操です。

 

施術は、体を痛みのない方向に気持ちよく動かすだけなので安全です。肩や腰が痛いという場合、全身のバランスの崩れが原因なのに、その痛い部分のみの調整では治るのに時間がかかる上、また同じ痛みが現れてきます。そういった意味でも操体法で、誰もが持っている快感感覚などを利用して、自分の体の不調サインを聞き分け、骨格を正常な位置に無理なく戻す技術で症状を改善、自然治癒力を向上させていくことが大事になってきます。

 

こういった操体法を患者さんに教えて教育することにより、全身のバランスを調整され自分自身で最高な体の状態にしていけることになります。

スポンサーリンク