パッシブケアとアクティブケア

スポンサーリンク

パッシブケアとアクティブケア

整体にはパッシブケアとアクティブケアという言葉があり、パッシブケアは整体師の力を借りておこなう受動的なケア(筋肉のほぐしや関節、骨盤の調整)などを言い、アクティブケアはストレッチやヨガといった積極的に自分自身で動いて治療していくことを言います。

 

整体師は魔法使いではないので、アクティブケアをせず、パッシブケアだけに頼って治療しようと思っても体はよくならず、かといってアクティブケアだけをおこなっても日々の疲れや慢性の凝りなどがあってはなかなか治りません。

 

今現在アメリカを中心に、パッシブケアとアクティブケアをうまく取り合わせた整体治療が注目を集めています。

スポンサーリンク