変形性膝関節症

スポンサーリンク

変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝軟骨の磨耗や変形などによって関節の形態に変化が生じ、その結果膝が炎症を起こし痛みを感じます。歩行、階段の昇り降りや立ち上がる動作、など日常生活でいろいろ不便が生じてきます。形性膝関節症の原因は、関節水腫の水抜き治療や老化による下肢筋肉の凝り、軟骨の摩耗などがあります。整体院では、変形している膝がO脚に変形している場合、広筋膜か外股筋をよく見て、膝裏にある十字靱帯の委中穴を弛める施術を行います。そうすることによって、楽に膝関節の矯正が可能となり圧迫が取れます。また、X脚に変形している場合は、十字靱帯を弛めてから下腿部を押し上げるように矯正します。 変形性膝関節症で整体へ来られる方は70代、80代が多く、特に女性で肥満、O脚という方がほとんどです。

スポンサーリンク