坐骨神経痛

スポンサーリンク

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは、坐骨神経の経路と分布領域に痛みがある場合を言い、お尻や大腿後面、下腿外側や足の甲あたりまでがシビレや疼痛を発症します。坐骨神経痛を引き起こす原因として、脊髄や神経根の圧迫で、多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因と言われており、その他に、梨状筋症候群や脊椎分離症脊椎なども坐骨神経痛を引き起こす原因としてあげられています。

 

整体師が行う治療法として、骨盤を矯正し、脳脊髄液の流れを良くして神経細胞に栄養を与え、自然治癒力を高めます。また、血液・リンパ促進テクニックにより筋肉や筋膜調整で身体がより回復しやすい状態にもっていきます。患者さんへのアドバイスとして、腰を捻らないことや足の裏側やアキレス腱を伸ばしたり、腰の筋肉をのばす様なストレッチをしないことを伝えることも必要です。

スポンサーリンク