四十肩・五十肩

スポンサーリンク

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは、肩関節周囲の炎症が原因で起こる疾患で、主に40歳代から50歳代に見られます。四十肩・五十肩は肩こりとは違い、肩から腕にかけて痛みがあり、腕の動きがあまりとれなくなるうえ、症状が進行すると腱板の炎症が滑液包や関節内部まで波及してきます。

 

四十肩・五十肩は早期治療が一番です。片腕ずつ横に上げていき、両方とも同じようにあがっていなければ、四十肩・五十肩になる危険性があるため、予防効果のある整体施術をお勧めします。軽い症状であれば、1〜2回の施術で同じように腕を上げることが出来るようになります。痛み出して1、2週間も治らないようであれば、早めに整体師などに相談し、適切な治療をうけましょう。

スポンサーリンク