むちうち症

スポンサーリンク

むちうち症

むちうち症(外傷性頚部症候群とも言います)は、頸椎が前後にズレ、筋肉や靱帯、また椎間板や血管、神経などの組織が損傷したときにおこる症状です。むちうち症は、交通事故などで衝突した時に首が衝撃的な振れ方をすることによって生じる場合が多く、人によって差がありますが、日が経つにつれ首の痛みや動きの制限、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りなどが発生します。

 

むちうち症で整体師を訪れる患者さんも少なくなく、施術としては症状の出ている場所の筋肉全体に凝りがきつくなっていると思いますので、そこを弛め首の矯正を行っていきます。頭痛がある場合は、首の凝りが後頸部から後頭部へ広がっていくのでその道筋をほぐしていき、腕や手に症状がある場合は、肩から肘、手首と上から順に矯正施術を行います。

スポンサーリンク