肋間神経痛

スポンサーリンク

肋間神経痛

肋間神経痛は、肋間神経の分布領域に生じる神経痛であり、椎間板ヘルニアや脊椎分離症、圧迫骨折、打撲などが原因で起こる痛みです。肋間神経痛は、ねこ背の人や老人、女性に主に多く発症しており、その症状により心臓病や肺がん、乳がんなどと勘違いする方も多いので、自己判断せず、医者や整体師などの専門に相談するのが一番です。

 

肋骨筋や横隔膜に凝りがあるとちょっとした咳や大きな呼吸をしても痛みが起こります。整体師はその痛んでいる肋骨に沿って肋間筋や横隔膜などを弛めていくことで凝りをほぐしていく施術をおこないます。肋間神経痛は、整体院へ4日〜5日くらい通院することによって、大体の患者さんの症状が改善されます。

スポンサーリンク