捻挫

スポンサーリンク

捻挫

捻挫とは、関節に無理な力が掛かり、脱臼しかけて戻った状態を言います。一番捻挫の起こしやすい場所は、足首の胆経という経路の中の丘墟というツボがある所です。捻挫は、骨盤や股関節のズレや、足の外側にある胆経に負担を掛けている場合起こしやすく、整体師はそこをよくチェックして患部より遠い場所から順番に筋肉をゆるめていくと患部の負担を分散できるため、痛みを与えずに幹部をほぐせ、ほぼ腫れを引かせる事ができます。

 

しかし、炎症性は遠位からほぐしていかないと悪化するおそれがあるので気をつけてください。捻挫は、整体師の施術を2、3回受ければ楽になりますが、皮下出血がひどくて激痛がある場合は、骨折をしている場合があるので、その際は整形外科での受診を勧めてください。

スポンサーリンク