股関節脱臼

スポンサーリンク

股関節脱臼

整体師の為の用語集として、股関節脱臼についてふれておきます。股関節脱臼とは、股関節を形成している大腿骨の大腿骨頭が、はまり込んでいる骨盤の関節から脱臼しやすい状態になっていることをいいます。股関節脱臼には、先天性や外傷性、病的などの種類があります。

 

先天性股関節脱臼は、生まれつき寛骨臼の受け皿が浅く、大腿骨頭が外れている場合や赤ちゃんのゆるい股関節に無理な力が加わることがきっかけになって起こる場合もあり、発生は1000人に1人の割合と言われています。整体師は、股関節が脱臼していると判った時点で、股関節に係わる筋肉群を弛めて、脱臼を矯正する事が大切です。筋肉を弛めて引き込まれた関節を抜き矯正すれば、足の辛さも取れて、悪化させないように守っていく事が出来ます。股関節脱臼などは典型的に、早めに骨盤を正すことで多くの方が救われますので、まずは腕の良い整体師やカイロプラクティック師などに相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク