S型側弯症

スポンサーリンク

S型側弯症

S型側弯症は、成長と共に進行する特発性側弯が多く、学童期や思春期、閉経期に多く発症します。側弯症には、不良姿勢等によって起こる機能性側弯や骨盤異常等が原因で起こる代償性側弯などその他にもいくつか種類があります。S型側弯症の背骨は、右の肩甲骨が右へ引っ張られ、盛り上がっている為に背骨の右側だけ持ち上げられて、背骨に反りができ、腰部では左側に盛り上がりと引っ張りが起こります。

 

整体師はその両側の盛り上がっている筋肉を弛める事と背骨の反りを考えながら、矯正施術をする必要があります。このS型側湾症の施術は、施術法を間違えるとかえって悪化させる事もあるので、整体師は高度な技術と知識が必要とされます。またS型側湾症は、発見が遅い場合も症状を進行させてしまう原因でもあるので、早期発見ときちんとした取り組みが大切です。

スポンサーリンク